本文へスキップ

豊橋市の三宅歯科医院 | 診療室は個室でプライバシーを確保、予防歯科、インプラント、セレック、CTをはじめ各種最新技術にも対応しています。

TEL. 0532-55-5585

〒440-0076 愛知県豊橋市大橋通2丁目124-1

最新設備CREC

最新設備


生体監視モニターシステム

当院では、患者様に負担が掛からないよう、最新の設備で行っています。 血圧、脈拍、SpO2(動脈血酸素飽和度)の変動をリアルタイムで監視でき、治療前と現在の変化を瞬時に把握できます。つまり、患者様の体の状態をみながら安心して治療を受けていただくことができます。
【血圧計・治療名人】
歯科治療中の 「血圧」「脈拍」「血中酸素濃度」 を、 自動で連続的に計測 して、異常な状態や危険な状態を、いち早く知ることができる器械です。治療中の体調の変化を、常時モニターでビジュアル表示し、監視できます。


歯科用CT撮影 ガレリウス

従来、インプラント治療の事前診断には、通常のX線撮影(二次元)が行われていましたが、歯科用CT(三次元)を使用することで、立体的な画像でのより精確な診断をすることができる様になりました。
また、治療後の経過観察にもその精確な画像診断は有効です。
歯科用CTと医科用CTとの違いは、 撮影方法が医科用は横たわるのに対し、 歯科用では座ったままでの撮影となるこです。特に患者様に優しく、撮影時間がかなり短く、約15秒ほどで済み、さらに被爆線量が今までとる大きなレントゲンとほぼ変わらず、低水準であるということです。 詳しくはこちら
只今導入キャンペーン中です。


CTとは、Computed Tomographyの略です。 このCTは、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。 詳しくはこちら


インプランター

インプラント手術は、骨を削ってインプラントを植えます。 つまり、歯ではなく、骨を削る必要があります。 骨は、歯を削るのと同じ回転で削ると摩擦熱により、骨が壊死します。 つまり、摩擦力によって、周りの骨が死んでしまうこともあります。 そのため、特別に低い回転で骨を削る機械が必要になります。 その機械が、インプランターです。 このインプランターは、滅菌生理食塩水を出しながら、 骨を削っていきます。


超音波メス(Piezosurgery)

超音波で骨を切削! 口腔外科手術は新たな次元へ。
Piezosurgery
イタリア Mectron社製

発熱を抑え、温度調節を正確に行う ことができ、骨組織の壊死を激減させ ることができます。 その為、患者様の負担が少なく早期 回復が期待できます。


PRP(血漿成長因子)

インプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、増骨をすることで、インプラントが可能になります。 人工の骨補填材と御自分の採血した血液から右の装置で遠心分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、骨を増やすことが可能になりました。 活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌します。欠損部の血小板を豊富にすることによって治癒期間の短縮をはかることができます。 ご自身の血液を遠心分離機にかけて、血小板を濃縮したものを、患部に戻すことで、早くインプラントと骨が結合します。

  1. 腫れや、痛みの減少0。歯を抜いた後の傷の治りがよい。
  2. 骨幅、骨量の少ない部位でもインプラントがより安全、確 実に行える。
  3. ご自身の血液を原料とするので、ウィルス感染の危険性 が少ない。
  4. 止血効果が高い
豊橋市の三宅歯科医院 最新設備

各種滅菌

当院では、インプラントにおいて、院内感染を100%防ぐためにいろいろな取り組みを行っています。とても手が掛かりますが、インプラントを行っています。と宣言している以上は必要不可欠な設備であることを、私どもは思っています。
オートクレーブ、ケミクレーブ、切削器(タービン)専用クレーブ等を用いてそれぞれ滅菌パックに入れて滅菌状態を維持します。
紙コップ、紙エプロン、紙手ぬぐい、ヘッドレストカバー、ゴム手袋、デスポ製品を使える所は惜しみなく使い、使い回しをなくしています。
口腔外バキュームは、今まで口腔内バキュームでは吸い取る事ができなかった物を吸い取る事ができます。口腔内に使用する器具やプ等は全てオートクレーブにて高圧滅菌した物を使用しております。2台のオートクレーブは、フル活動しています。滅菌とは、細菌が全くない状態の事を言います。治療室は全て個室になっていて、他人の切削物の飛散が自分の所にこないようにしています。


デスポ各種・ウルトラサージカルガウン

オペ用帽子、マスク、グローブ、手術着全て使い捨てのデスポ製品をつかっています。テーブルの上にオートクlレープにより滅菌されたシーツを敷きその上にオペ用品をおいて臨んでいます。



オートクレーブ

オートクレーブ滅菌は、高圧蒸気滅菌とも言います。 全ての器具を2気圧・135度の高圧蒸気滅菌(オートクレーブ)にて微生物殺菌する装置です。



ケミクレーブ

院内感染を防ために、 アルコール溶液を用いた滅菌装置です。高圧蒸気滅菌法によってすべての細菌を死滅させることができます。



ミニオートクレーブ

切削器(タービン)専用のミニオートクレーブです。タービンは、機械の中でも一番歯と接触している物ですから、絶対に滅菌処置をしなければ、いけません。



滅菌パックされた切削器(タービン)

このように切削器(タービン)のヘッド部分を滅菌パックで包んでオートクレーブで滅菌処理します。 後は使う直前に開封します。



BK液

スーパーオキシドイオンと次亜塩素酸の消毒液で治療器具など全てを消毒し、安全面にも十分配慮しています。 手をかざすとセンサーに反応して消毒液が流れ、15秒後自動的に止まります。機械に触らずに利用できるので衛生的です。



口腔外バキューム・個室

当院の治療室は全て個室になっています。これはプライバシーを守ることにも役立っていますが、他人が出した治療途中に飛散する粉塵等を吸い込まないようにするのに、個室になっています。またたくさん飛散しないように、口腔外バキュームで飛び散った粉塵はそこで吸引してしまいますので、他人の粉塵を吸う事はありえませんので、ご安心を。


バナースペース

厚生労働省指定歯科医師臨床研修施設

三宅歯科医院

〒440-0076
愛知県豊橋市大橋通2丁目124-1

TEL 0532-55-5585
FAX 0532-55-5608

休診日/木曜(祝日のある週は診療)日曜・祝日
※水曜午後の診療は午後5時までとなります。

各種カードがご利用いただけます。

※保険診療にはご利用いただけません。


gooブログ yahooヘルスケア