本文へスキップ

インプラントなら豊橋市の歯医者、三宅歯科医院

TEL. 0532-55-5585

〒440-0076 愛知県豊橋市大橋通2丁目124-1

インプラントimplant

インプラント

人工歯根を歯ぐきに埋Zめ込み、その上に歯をつくる新しい治療法です。取り外し式の入れ歯に比べ格段に違和感が少なく、食事もおいしく楽しめます。自分の歯と同じようにブラッシングでケアできるのでお口の中はいつも清潔。現在の入れ歯に不満がある方はご相談ください。

  • 長い経験を駆使し自分の歯と同様の快適性を追究
  • 今までは提携する医院にCT撮影をお願いしていましたが、当院にてCT撮影ができるようになりました。
    歯科用CT(三次元)を使用することで、立体的な画像でのより精確な診断をすることができる様になりました。
  • 詳しいご説明を実施中。お気軽にご相談ください。
インプラント施工前 豊橋市の三宅歯科医院 インプラント施工後 豊橋市の三宅歯科医院

歯を1本失った場合

歯を一本失った場合のインプラント 豊橋市の三宅歯科医院

“失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。1本のインプラントによってあたかも自分の天然歯のように自然に感じられます。顎骨の”萎縮”の心配もなく、本来の骨量を維持できます。ブリッジを入れる時のように健康な隣の歯を削る必要がありません。

数本歯を失った場合

歯を数本失った場合のインプラント 豊橋市の三宅歯科医院

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。


歯がまったくない場合

歯全く無い場合のインプラント 豊橋市の三宅歯科医院

下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントがよく利用されます。インプラントのヘッド部をバーじょうにの維持装置で連結し、その上に取外し式の入れ歯をしっかりと固定することができます。


インプラントのメンテナンス

インプラントの手入れ方法

インプラントを入れたいと思っておられる方からよく聞かれることに、インプラントを入れてしまえば、手入れをしなくても良いのではないですか?と言うご質問があります。
このご質問に対して私どもは、「ご自分の歯以上にお手入れが必要です。」とお答えしています。
その理由は、入れたインプラントの回りのお掃除を怠ると、歯垢が付き、歯槽膿漏と同じ状態になって骨が溶けてしまい、折角入れたインプラントがゆるんだり、外れたりするからです。
ではどのような手入れが必要かと申しますと、インプラントの周囲がいつも清潔になるように、歯間歯ブラシや、歯ブラシによるブラッシングと、インプラントと周囲の歯肉を健康な歯肉とするための歯肉マッサージを行うことです。
このような手入れを続ければ、インプラントも長持ちするのです。
また、定期健診も必要です。この定期健診によりインプラントの状態をレントゲン、あるいは肉眼により検診し、インプラントの清掃状態の良否、改善場所指摘等を受けたり、噛み合わせのチェックなどを行います。

インプラントのメンテナンス、歯ブラシとデンタルフロスを使用 豊橋市の三宅歯科医院

歯ブラシとデンタルフロスを使用

インプラントのメンテナンス、歯間歯ブラシと歯ブラシ(小)を使用 豊橋市の三宅歯科医院

歯間歯ブラシと歯ブラシ(小)を使用

インプラントのお手入れ方法

インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。
人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんから、毎日の家庭でのケアと定期的な検診を欠かさず、きちんとメインテナンスするようにします。

ホームケア
インプラントのメンテナンス、ホームケア 豊橋市の三宅歯科医院

ブラッシングを徹底的に行います。インプラントは天然歯に比べ、構造的に人工歯の根元が細くなっているので隙間が出来ます。普通のブラッシングに加えて、歯間ブラシや抗菌剤入りのリンスなどを使って徹底的に口腔内を清潔に保つようにします。

ドクターケア
インプラントのメンテナンス、ドクターケア 豊橋市の三宅歯科医院

定期的な検診は、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら3ヶ月に1回、最終的には半年に一回が目安になります。インプラントの状態や噛み合わせに不都合がないかを調べます。また、歯科衛生士に口腔内の衛生状態をチェックしてもらい、専門的な口のお掃除(PMTC)を受けます。

従来の治療とインプラント治療の違い

従来は歯がなくなると、入れ歯にしたり、ブリッジにしたりして補っていました。
その方法としまして、一長一短があります。

ブリッジ

欠損歯の両側の健康な歯を削って冠が被せるように形成します。

健康な歯を土台にしてなくなった歯を製作し、これを被せて完成。

良い点
◆ 固定式である為に、装着しても違和感があまりありません。
◆ 人工の歯の材料を選択することにより、天然歯と遜色のない審美的な修復が可能です。
留意点
◆ ブリッジを支え、固定するため、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。
◆ 支えになる歯には大きな力が加わり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある。
◆ ダミー(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスが詰まり、不衛生になりやすい。
◆ 空気が漏れて発音が困難になることがある。
治療費用
◆ 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
◆ 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。

入れ歯

歯のない部分に床付きの人工の歯つけて安定させるために健康な歯にバネをつけて咀嚼運動を助けます。

良い点
◆ ブリッジでは適応できないような、大きな欠損に有効です。
◆ ブリッジのように健全な歯を削らずに補える。
留意点
◆ バネによる隣の歯への負担が大きい
◆ 噛む力が健康な歯に比べて30〜40%位になります。
◆ 取り外して手入れする必要がある。
◆ すぐにがたつきやすくなる。
◆ 口の中に違和感を感じやすい。
◆ 食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
治療費用
◆ 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内
◆ 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり、高額となる場合もあります。

インプラント
人工歯根の上に歯を乗せて、咀嚼運動を助けます。審美的にも自分の歯と変わらない程のできばえです。
骨に穴を開けインプラントを植立します。
インプラント上部にアバットメントを装着します。
アバットメントに、人工歯を装着して完成です。

良い点
◆ 天然歯のように顎の骨に固定するので、違和感がなく噛むことができます。
◆ 噛む力は天然歯の80%回復することが出来るので、硬いものを噛むことができるようになります。
◆ 隣の健康な歯を削る必要がありません。
◆ 見た目が天然歯に近く、言われても気付かない位です。
◆ 良く噛めることは全身的な健康にも良い影響を与えています。
留意点
◆ インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要です。
◆ 全身の疾患のある場合には治療が出来ない場合があります。
◆ インプラントを維持するためには自分の歯と同じように、十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
治療費用
◆ インプラントは保険適用外ですので、自由診療となります。
◆ 手術の難易度・埋入本数等により必要な費用が算定されます。

ブリッジ

欠損歯の両側の健康な歯を削って冠が被せるように形成します。

健康な歯を土台にしてなくなった歯を製作し、これを被せて完成。

良い点
◆ 固定式である為に、装着しても違和感があまりありません。
◆ 人工の歯の材料を選択することにより、天然歯と遜色のない審美的な修復が可能です。
留意点
◆ ブリッジを支え、固定するため、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。
◆ 支えになる歯には大きな力が加わり、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある。
◆ ダミー(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスが詰まり、不衛生になりやすい。
◆ 空気が漏れて発音が困難になることがある。
治療費用
◆ 保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
◆ 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。

インプラントに必要な骨の長さが足りない場合

インプラントは骨の高さが5mm以下では手術ができません。上顎の骨は下顎に比べて柔らかいので歯が抜けると急速に吸収してしまいます。 当院ではそのような場合は吸収された上顎を造成する方法(ソケットリフト)で上顎洞の底の部位に骨移植を行います。

上顎の奥歯の上に空洞があります。健康な歯がある場合は骨の高さが保たれています。
歯がなくなってしまうと骨が吸収して骨の高さが減少します。これではインプラントの手術ができません。(5mm以下)
インプランターを使ってインプラント埋め込み用の穴を作り、特殊なソケットリフターを使って骨を押し上げます。
さらに押し上げて、上顎洞底の骨を押し上げ人工骨を挿入します。 その後インプラントを挿入します。
順次、インプランターを使って埋入ホールを形成し、人工骨による骨造成を行いインプラントを埋入していきます。
チタンで出来たインプラントと骨が強固に結合すること3〜6ヶ月後に人工歯冠を装着します。

インプラント

Q1.インプラント治療は誰でも受けられますか?

殆どの方が受けられますが、インプラントを埋め込むあごの骨の量が少ない場合は、骨移植を行ったり、特殊な処置(GBR・サイナリフト・ソケットリフト等)によって骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。しかし骨などに大きな問題がある場合やその他主治医の判断で、インプラント治療が行えない場合もあります。

Q2.手術には入院が必要になりますか?

入院の必要はありません。埋入する本数にもよりますが、1時間前後で手術は終了します。

Q3.痛みや腫れはありますか?

麻酔をしますから、手術時にはそれ程痛みはありません。術後は多少の痛みと腫れが出る場合もあります。

Q4.治療期間はどれくらいかかりますか?

インプラントの種類・手術方法・先だって行う手術・処置、また下あごか上あごかによっても異なります。さらにさまざまな検査や虫歯・歯周病・噛み合わせの治療などがあれば、その治療などの期間も加えると長くなる場合もあります。平均的には4〜12ヶ月程です。

Q5.抜歯してどのくらいの期間インプラントの手術ができますか?

一般的に3〜12ヶ月間歯槽骨が出来るのを待って行います。しかし場合によっては抜歯した後すぐにインプラントを埋入することもあります。

Q6.インプラントの手術は安全なのでしょうか?

手術前に各種の検査(CT等)を行い、顎の骨の形や状態を正確に把握し、神経や血管などに充分配慮しながら手術を行うので、安全性には殆ど問題ありません。
治療に際して解剖学的理由などで、手術が困難だったり、手術の安全性に問題がある場合にはその旨主治医から説明があります。

Q7.インプラントをあごの歯槽骨に装着して体に影響がありませんか?

人体になじみやすく腐食しないもので、拒絶反応を起こさないことが証明された材料を使用するので、体に悪い影響はありません。

Q8.歯以外に疾患がある場合、治療は受けられますか?

疾患の程度によっては、手術が難しいこともありますので、相談してください。特に糖尿病、腎臓や肝臓の疾患、ぜんそくなどの呼吸器系疾患、心臓病のどの循環器系疾患、高・低血圧の方などは、その病気を治療している主治医の先生の意見なども参考にして総合的に判断します。また、妊娠中の方は出産してからのほうが望ましいでしょう。

Q9.インプラント治療は何歳でも可能ですか?

あごの骨の成長が止まる時期を考慮して、だいたい16才以上なら可能です。また医学的に条件が整えば特に年齢の上限はありません。

Q10.事故やスポーツが原因で歯を失った時でも、インプラントで治せますか?

もちろん治せます。事故やスポーツで歯を失った場合は、周りの歯が傷ついていないことが多いので、これらの歯を削らずに済むインプラント治療が第一選択となります。

Q11.治療後は普通にかめますか?

天然の歯と同じように何でも食べられます。インプラントの人工歯はぴったり固定されていますので、心配ありません。

Q12.インプラントはどれくらいもつのでしょうか?

インプラント自体は長期的に安定した状態を保つことが分っていますが、周囲の骨や歯肉の炎症が起こることは天然の歯と全く変わりません。そのために、インプラント自体に問題がなくても、インプラントを抜かなくてはならないこともあります。そうならないためにも、毎日のホームケアと歯科医院でのチェックが重要です。またインプラントの上に取り付けた人工の歯は、構造上ある程度の寿命がありますので、調整や補修・作り替えが必要な場合があります。

Q13.外観からインプラントをしていることが分りますか?

従来の取り外しの入れ歯のように金属製バネなどは一切使用しませんし、人工歯の色や大きさも患者さんの希望に即し、精密に作製しますので天然歯と殆ど見分けがつきません。

Q14.治療費はどれくらいかかりますか?

インプラント治療を行う本数や治療方法によって費用は異なりますが、あくまでも健康保険の対象外ですので費用は高めになります。あらかじめ、よく相談し、納得してから治療を受けてください。


バナースペース

厚生労働省指定歯科医師臨床研修施設

三宅歯科医院

〒440-0076
愛知県豊橋市大橋通2丁目124-1

TEL 0532-55-5585
FAX 0532-55-5608

休診日/木曜(祝日のある週は診療)日曜・祝日
※水曜午後の診療は午後5時までとなります。

各種カードがご利用いただけます。

※保険診療にはご利用いただけません。


gooブログ